★SMAP報道についての考察 謝罪会見が伝えたこと(超雑談)★

SMAP謝罪会見

 

いまさらですが、Yahoo!のコメントで話題沸騰だったので、SMAP謝罪会見を見た感想を綴ります。落書きみたいなものと、冗談半分で読み流していただければ幸いです。 

 

①いち芸能事務所の内輪もめの話題を公共電波を使って大騒ぎ。この国の放送はどうかしている。ほんとうにどうかしている。日本や世界でいま起きている出来事で他に報道すべきことはいっぱいあるでしょう。

 

②会見をNEWSで見たが、誰に何を詫びているのかがわからないし、何故彼ら(SMAP)が謝罪しているのかが意味不明。前を見て進むそうだけれども、5W1Hが欠けている。つまりは、詳細を話すつもりはないし、話したくない(話せない)という気持ちがひしひしと伝わってきた。

 

③そもそも、謝罪をする理由がわからないが、通常、企業の不祥事や不始末は会長や社長が出てきて謝罪する。現場担当者(SMAP)に公開謝罪させるとはジャニーズ事務所は他もびっくりのブラック企業では?

※追記:SMAPという大切な商品(ブランド)を貶めるとは、事務所の経営判断というか危機管理が支離滅裂。それくらいヒステリックな事態なのだろう。

 

④個人的にはTVはほとんど見ないので興味はないが、SMAPのメンバーそれぞれが、これだけの人気者でハードワークで、稼いでいることに対して畏敬の念を覚えるし、正直羨ましい。にも関わらず彼らがさらし者にさせられるとは狂ってる。

 

⑤他のどんな業界でも、能力やスキルがあれば、転職や独立して活躍することが可能であるのに、TV(マスコミ)業界だけは別のようだ。国民の大切な電波という資源を使う既得権益であり、放送免許に守られている業界が真っ黒であるのはいかがなものか。

 

⑥SMAPのメンバーには気の毒だが、キー局にジャニーズや吉本、日本のテレビ放送の異常性が良く伝わった素晴らしい機会であると思う。電波オークションしてフェアな市場にすべき。先進国でニュース専門局がないのは日本くらい。チャンネル数も異常に少ないし。

 

⑦彼ら(SMAP)は輝く世界で一つだけの花であることは間違いないだろうが、花屋の主には決して逆えないことを我々に示してくれた。ドナドナの羊が頭に浮かび沈んだ気持ちになる。

 

以上、自分勝手なコメント失礼しました。