★ビズリーチの“スタンバイ”が起こす求人サービスの大競争時代!★

求人サービス , スタンバイ

 

◆激戦の人材紹介市場の考察 | 職業紹介市場において既存サービス(タウンワーク,フロムエー等)に技術的優位性はなく、ビズリーチの「スタンバイ」が求人市場の台風の目となる◆

 

本日、林修先生の番組を横目で見ながら、日経ビジネスを読みふけっていたところ「スタンバイ」のTVCMを目にして、頭をガツンと殴られた感を覚えました。後出しジャンケンになりますので、あまり声高に主張するつもりはございませんが、実は私がこんなサービスがあったら良いなぁと描いていた機能とユーザインタフェースであり、ついにこの日が来てしまいました。それがビズリーチ社の「スタンバイ」。まぁ「Airbnb」のサービスもそうですが、民泊のビジネスもアイディアを持っていた人はごまんといたはずであり、それに向けて「ヒト・モノ・カネ」を投じてスピード感を持ってサービスリリースまでこぎつけられるか、ユーザとサービス提供者を結びつけ、システムとして運用出来るかが勝負の分かれ目ですので、アイディアを先取りされた(>_<) なんていうつもりは微塵もありません。それでも「これこれ、おれがやろうと思ってたサービス!」であることを記録しておきたく、少しだけ綴りたいと思います。

 

 

●GoogleJobとして温めていた(^_^;) ビジネスアイディア●

 

先ずは以下の資料をご覧下さい。このビジネスアイディアを思いついた時、GoogleJobとしてGoogle先生に買って貰えないかなぁ、他の資本力のあるリクルートの競合企業やIT企業に売り込めないかなぁと思って、簡単に資料作成したものです(殴り書きレベルで恐縮ですm(_ _)m)。ブレスト段階のドラフト資料から、きちんとした企画書の形にするのが苦手というか、面倒になってしまい、私のパソコンのハードディスクに眠っていたものです。まぁ笑って見てあげてください。※いろんなサービスからアイコンを借用していますが、営利として活用した事実はございませんので、ご容赦ください。

 

求人情報サービス
求人マッチング
アルバイト情報 , パート情報
求人マッチング
魅力的な求人サービス

 

 

●タウンワークのテレビCMから見るマーケティングと宣伝効果●

 

どうしてこの求人サービス市場が魅力的であるかは、莫大なお金が非常に非効率かつ非対称な形で動いているからです。「バイトするなら、タウンワーク」このキャッチフレーズで、ダウンタウンの松本人志氏が出演しているTVCMがもの凄い大量に提供されていますが、これはどうしてでしょうか? テレビCMに効果があることと、この分野のサービス価値が、知名度によって向上するタイプの仕組みになっているからです。つまり、GoogleやYahooのように技術的な優位性があるわけでもなければ、ベンツやBMWのようにロイヤリティがあるわけでもない。加えてAppleやAKBのようなファンがつくれる分野でもない。

 

もっとも多くの人に宣伝できる手段は何か? と問われれば、TVCMであることは間違いありません。このインターネット全盛期の現在においても、不特定多数の大衆向けに広告を打ちたいのであれば、もっともリーチが大きいのはテレビCMであることに異論はないでしょう。スマホゲームやグノシーがTVCMにどうして莫大な予算を投じるのかは、テレビを視聴している層をターゲットとしたいからであり、圧倒的な効果が得られたことが、テレビCMに頼らざるを得ない企業の無念を表しているともいえます。最低数百万円~億単位の予算を投じなければ、テレビCMを制作して視聴者の目に触れるだけの枠を確保するのは困難でありますから。

 

ターゲティングを明確にしたり、コストパフォーマンスの高い手段は何か? と突き詰めずに安易にTVCMに無駄金を投じている企業も少なくありません。それでも、本日ビズリーチが新たにリリースした求人サービス「スタンバイ」のTVCMを見て、この分野のサービスを展開しているリクルートをはじめとする企業や、新たな参入を考えていた企業(や私のような個人w)は戦々恐々としていることだろうなと他人事ながら心配になるとともに、胸が熱くなりました。※論点がズレてしまいましたので、このサービスのインパクトの大きさを近々記したいと思います。

 

 

 

●●

 

 

 

 

●●