★「自治体・市役所・地域行政」への市民からの問い合わせや要望等の記録と対応について★

 

◆「市民の声の可視化」市民からの問い合わせ&要望への対応と公開◆

市民の声


 

●「問題提起」知多市の問い合わせ対応の問題点:市民からの要望や提案に応えて公開する体制がとられていない

 

私が今回の一般質問で「市民からの問い合わせや要望等の記録と対応について」を取り上げたのか? それは以下に紹介する先進自治体の取り組みをご覧になっていただければ、一目でわかっていただけると思います。

 

知多市は市役所に限らず行政に対する要望・苦情・提案を公開しておらず、かつ、問い合わせの受付方法もバラバラで、市民の声に真摯に耳を傾けて市政に反映させる体制がとられていません。

 

市民からの問い合わせや要望を単なる意見聴取と捉えるのではなく、市民の声を市政に反映してこそ市民と協働した市民本位の市政運営が実現し、市政に対する市民の信頼も得ることができると考えます。そのために個々の市民の声を体系的に捉え、分析すること、また、寄せられた市民の声とそれに対する回答を市民と情報共有することで、市の考え方について理解を深めていただき、市民への説明責任を果たすことが重要であると考えます。

 

そこで、市民からの問い合わせや要望等の記録と対応について、市民からの意見や要望を積極的に伺う体制を確立し、応対履歴を適切に管理するとともに、公開することで市民満足度のさらなる向上を目指すべきであるという問題意識に基づき、一般質問を実施し、改善提案を実施いたしました。

 

 

西尾市の「市民の声制度」http://www.city.nishio.aichi.jp/index.cfm/10,21394,122,624,html

 

 

項目ごとに整理して公開している自治体としては、埼玉県の吉川市が大変参考になります。項目毎に時系列で回答をツリー化していく取り組みは大変にわかりやすく、親切な情報公開であると考えます。

 

吉川市の「市民の声で寄せられたご意見と市の回答」https://www.city.yoshikawa.saitama.jp/index.cfm/27,0,180,923,html