★信念・政治信条★~哲学と信念を持ちブレない活動を誓います~


 

◆社会における不平等・理不尽を,批判するだけではなく自ら改善すべく行動する◆

 

「世界は美しくなんかない.そしてそれ故に,美しい」

 (キノの旅)

 

「どんなに苦しくて不利な状況に追い込まれたとしても絶対に屈服してはならない.

絶望的な状況を前にしても 相手がどんなに強大であっても絶対に屈服してはならない.

絶対 絶対 絶対 絶対に屈服してはならない 絶対にだ」

 (ウィンストン・チャーチル)

社会は残念ながら平等で公正につくられているわけではなく,既得権益や癒着,不正,理不尽なことが少なくなくありません.世界には圧倒的な貧困と絶望も存在し,為すすべもなく亡くなっていく方も多くいらっしゃいます.それでも,幸福にも我々はこの日本で生まれ,憲法により自由権が認められた民主主義社会を生きています.不平不満や理不尽は愚痴を零したとろで,気持ちはすっきりするかもしれませんが,事態は好転しません.であるならば,不正や理不尽を仕方がないものとして諦めてしまうのではなく,少しでも改善できるように,主体性を持ち,自ら考え行動する姿勢で臨みます.そして,努力を惜しまず,リスクを恐れず挑戦していくことを誓います.

 

 

◆次世代に自信を持ってバトンを渡せる街づくり 地域のプレゼンス向上 成長第一◆

 

「ぼくはきっとできると思う.なぜならぼくらがそれをいまかんがえているのだから」

 (宮沢賢治)

 

少子高齢化の昨今,北海道夕張市の財政破綻事例にもある通り,健全な自治体運営をしていかなければ街は廃れていきます.今後は自治体間における企業誘致や住民誘致の競争も激しくなるでしょう.一方で,自治体と地域企業・住民が連携することで「まちおこし」の成功事例が生まれています.


今後は国の道州制・地域主権構想もあり,自治体の役割がさらに重要になってくるはずです.アイディアとやる気次第で,地域を活性化することが可能であり,国の補助金/交付金を活用することにより,地域の環境整備や住民サービス向上に取り組むこともできます.自治体の政策能力,推進力発揮に全力を尽くし,貢献することを誓います.

 

 

◆行政を本来の役割である住民の意思を反映する場へと変革する◆

 

「人生を賭けるに値するのは夢だけだと思いませんか?」

 (MASTERキートン)


地域行政の役割は住民のみなさまの意見・要望を伺い,地域の課題に対して具体的な解決策を提示していくこと.そしてより充実したサービスを提供していくことであると考えております.また,大切な税金を主とする250億円を超える予算&執行のチェックが議会の最大の責務です.

 

そのために,ビジネスの最前線で培った経験を活かし,議会のチェック機能だけではなく,市役所職員とも積極的に連携し,限られた予算の中で最大限の効果が発揮できる施策の検討や立案を積極的に実施できるよう変えていきたいと考えております.大好きな地元の街であり,終生の住処として,さらに住みよい知多市になるように全力を尽くすことを誓います.

 

 

◆国益・国民利益第一が当たり前の政治へ(在日特権見直し・在日参政権反対)◆

 

「世界のどこかでなにか不正が犯されたならばいつでも強く感ずるようになりなさい」

 (エルネスト・チェ・ゲバラ)

 

グローバル社会だからこそ,日本国と日本人の利益を第一に考え,国民・国益にを重視した政治が為されるべきであると考えます.

 

国防と経済において最も重要なアメリカとの友好関係を基軸とし,日本に友好的な国家とはいま以上に優良な関係を築くことが重要です.ロシアや中国など国防リスクを抱える国家とは,バランスを重視しながら平和的&ビジネスライクに付き合っていくべきでしょう.それ以外の国とは今後の戦略的,経済的なギブ&テイクを考慮しながらも,世界で評判の高い日本の献身的な姿勢を貫きつつ,友好国を増やすような取り組みを実施していくことを望みます.

 

逆に日本に害悪を為す国へは断固たる対応を取るべきであると考えます.アメリカがイランや北朝鮮に対して経済制裁をしているように,北朝鮮の日本人拉致や韓国の竹島不当占拠・慰安婦問題捏造等,日本に不利益をもたらす国へは断固とした態度を取るべきです.

 

また,在日韓国・朝鮮人のみが有する在日特権(特別永住権,税減免,通名制度,朝鮮学校補助金,生活保護)等は見直しが必要と考え,外国人参政権については断固反対し,山田宏氏の主張「外国人参政権が国民生活を壊す」を全面的に支持します.